ホーム > ド短期1日のみの副業 > 【ド短期副業】学生さんのテストや入試の監視員

【ド短期副業】学生さんのテストや入試の監視員

どんな仕事?

中学・高校・大学など、入学する際に試験がありますよね。この試験の監督をする仕事です。入試を受けている人が不正行為を行っていないか、突然体調を崩してしまう人がいないかどうかなど、試験の場において会場のお手伝いを行う仕事です。入試の規模によっては、1つの教室に大勢の志願者が入って入試を受けることもあり、一人では目が行き届かないこともあるため、2人一組、もしくは3人一組で行うこともあります。

なお、この仕事は試験の場で不正行為を行っていないかをチェックするのが主な仕事ですので、テストの内容について聞かれることはありませんし、聞かれても答える必要はありません。ですので、知識が無くてもどなたでもできる仕事です。大学入試については、大学の職員が試験監督の仕事を休日出勤扱いで行うことが多いですが、このような学校以外でも仕事はあります。

例えば、塾のテストや企業が行っている模試などです。塾の中にも入塾するためにテストを行う塾も多いですし、全国一斉模試などは企業が企画して行っているテストで、全国レベルで自分がどれくらいの位置にいるのかを確認するための試験です。もちろん試験料がかかります。

仕事の仕方

この仕事は、アルバイト情報サイトや副業紹介サイトで見つけることができます。「ド短期」「試験監督」「模試」などのキーワードで調べてみると見つかりやすいです。服装は特に決まっていませんが、採用先によってはスーツで仕事をしてほしいなどの依頼があります。

入試開始の1時間ほど前に会場入りし、説明を受けます。その後担当の教室に出向いて入試会場入りする生徒さんを誘導。試験中は監督を行い、試験が終わったらテスト用紙を集めて監督官に渡して終了です。

相場はどれくらい?

だいたい1000円前後の時給になります。短期バイトですので、割合は良いと思います。休憩時間はもちろんありますが、会場が学校などになります。お昼はお弁当などを持参するようにしてください(近隣に何も無い場合が多いです)

仕事上の注意

1日だけの副業でも、報酬を得ることができますので、会社で副業を禁止している場合は当然ばれる可能性もあることを認識しておきましょう。場合によっては処分対象になることがあります。

どんな人に向いている?

真面目な方、人と接するのが苦手な方でも大丈夫です。こんな機会でもなければ学校に入るなんて経験はできません。懐かしい雰囲気の学びやで1日お仕事してみませんか?


関連コンテンツ


キーワード


コメントする