ホーム > 副業としての投資 > 【仮想通貨】副業として認識されちゃう?

【仮想通貨】副業として認識されちゃう?

仮想通貨の利益は収入になるのか?

例えば、副業を禁止されている会社の会社員が、株式に投資していてそれの利益が出たとしてもおとがめはありませんよね。それと同じく、副業禁止の会社で仕事をなさっている方が仮想通貨に投資して利益を得ても、それは「副業」とはみなされません。ただし、収入にはなりますので税金を支払わなければなりません。

仮想通貨で得た利益の税金はどうなるのか?

仮想通貨やビットコインの場合、法律上では「通貨」として定義されているため、個人・法人問わず仮想通貨の売買で得た利益は日本の所得税法上、課税対象となっています。ビットコイン・仮想通貨を購入した段階では確定申告の義務は発生しませんが、ビットコインから日本円やアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)に換金され、利確されると確定申告をする必要があります。ただし、サラリーマンの方で給料以外の収入で、仮想通貨の利益が20万円以下の方は確定申告をする必要性がありません。

ですが、仮想通貨で20万円以上の利益がでることは結構あるので、仮想通貨に投資しているサラリーマンの方は当然心得ておかねばならないことですね。

仮想通貨は副業なのか?

このようなことから、仮想通貨=副業とは言い難いですね。ただし、例えば仮想通貨のやり方を他人にレクチャーしてそれに対して報酬を受け取る、いわゆる「講師料」として報酬が発生した場合は、これは副業になりますので注意してください。あくまでも、ご自身が投資した仮想通貨の利益は副業とは言わないと言うわけです。

副業禁止サラリーマンが収入以外に稼ぐには?

副業を禁止されている会社にお勤めの方でも、「もう少し収入が欲しい」と思われている方も多いでしょう。しかし、副業をこっそりしていてもばれないとは限りませんし、ばれてしまった場合は会社を退社しなければならないこともあります。そうなってしまうと元も子もありませんよね。

このような方が給料以外に収入を得るには、やはり投資しか無いのではないでしょうか?オークションなどに不要品を出品してその利益を得ると言う方法もありますが、得られる収入は微々たるものですし、なかなか時間もありません。仮想通貨であれば、ある程度ほったらかしていて、売り時に売れば良いのですから、副業の代わりの収入源として考えてもいいかもしれませんね。

しかし、何度も言いますが投資にはリスクが伴います。くれぐれも自己責任で投資を行って下さいね。また仮想通貨もビットコインの他に色々なコインがありますので、自分にぴったりの仮想通貨をみつけてみられるのもいいでしょう。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする