ホーム > 副業としての投資 > 【不動産投資】会社にバレちゃまずいんです!

【不動産投資】会社にバレちゃまずいんです!

不動産投資は就業規定に抵触するのか?

一般的に、投資は副業では無いので就業規定には抵触しないのが普通なのですが、お勤めの会社の中にはたとえ不動産投資であっても会社の給料の他に収入を得てはならないという会社が稀にあるようです。ですので、ご不安な場合はまずは会社の就業規定をきちんと確認しておくことが重要です。

会社に採用される際、就業規定をしっかり確認することはある意味当たり前のことですが、あの長い文章を隅から隅まで理解してきちんと読んで把握していると言う方は意外に少ないのではないでしょうか?また改めて読み返す機会もなさそうですし、「就業規定?どこやったかな?無くしちゃった」なんて方もおられるのではないでしょうか?

収入の件に限らず、就業規定は意外と重要です。「今まで抵触してないけど、これはやってはダメなんだ、知らなかった」ということがあるかもしれません。「副業じゃない、投資だから平気」と思っている方がおられたら今一度投資する前に就業規定をしっかり理解した方がよさそうですね。

不動産投資は会社に報告義務があるのか?

これも就業規定によるでしょうが、普通は投資については会社に報告義務はありません。ですが、給料以外に収入がある場合は必ず報告するのを義務付けている会社もあるにはあります。ですので、報告の義務があるのに黙っていればそれは就業規定に違反したことになり、最悪の場合は退職を余儀なくされることもあります。

もし会社で仕事をしておられて、既に不動産に投資をして収入を得ている方がいらっしゃったら、すぐに就業規定を確認して違反していないかどうかを確認することをおススメします。

不動産投資が会社にばれてはまずい理由とは?

そもそも、なぜ会社に不動産投資していることがばれるとまずいのでしょうか?もし就業規定で不動産への投資が禁止されている場合は会社にばれるとまずいのは当然ですが、会社が禁止していないのにばれては困る理由はなんでしょうか?それはやはり給料とは別に収入がある、特に不動産のように誰もが投資できるというものではないもので収入を得ていると言う人は、妬まれたりうとまれたりする傾向にあるからではないでしょうか。

不動産収入が会社にばれないようにするには?

不動産収入が会社にばれないようにするにはどうすればいいでしょうか?個人の不動産投資がバレる状況としては、住民税の通知があります。個々人の住民税は、勤務先に通知される仕組みとなっています。しかし、不動産投資による収入は、確定申告時に「普通徴収」を選択することで本業での給与とは別に通知してもらうことが可能なのです。そのためには投資している不動産が赤字にならないように気を付けるということが挙げられます。かならず、黒字になるようにしておくことが重要です。

税理士に相談しましょう

不動産への投資で収入を得ている場合、気になるのは税金の申告です。ご自身で勉強するというのでは限度がありますので、一度税理士さんに相談していろいろ話しを聞いてみるのもおススメです。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする