ホーム > やってはいけない副業 > 【やっちゃダメ!な副業】万引きしたものを売る行為は犯罪行為

【やっちゃダメ!な副業】万引きしたものを売る行為は犯罪行為

万引きだけでも犯罪なのに転売まで!?

fac01.gif

書店で万引きしたものを、古本屋やリサイクルショップに売りに行き、金銭を得る人がいます。これももちろん犯罪です。万引きに対して何故か軽視している方も多いのですが、万引きはいたずらではなく犯罪です。泥棒なのです。

みんなでやれば怖くない!?グループで万引き!

どうしてもその本が欲しくて、つい出来心で盗んでしまったということにも、決して許されることではありませんが、お金に変えるために欲しくない本をどっさり盗むなんてもってのほかです。特に悪質なのは、グループで万引きを行うことです。つまり、盗む役と見張り役がいるのです。

古本屋に不要な本や漫画を売った経験がある方はおわかりかと思うのですが、思っているより高く売れることはないのではないでしょうか?たくさん持ち込んでも「え?こんな値段?」とがっかりすることも多いと思います。ですので、万引きした本を売る行為は犯罪だけでなくわりに合わない行為だとも言えるのです。

万引きは現行犯ですから、その場で取り押さえなければ証拠にはなりません。店舗側でも、監視カメラをつけたり見回りを強化したりと万引きされないように工夫はしていますが、それでもお客様一人ひとりにずっと付いて回るわけにもいかず、100%万引きを無くすことは残念ながらできません。

万引き犯が思っている以上にお店は損失を受ける

万引きに対して、たいしたことではない、誰でもやっていると思っている方はわからないかもしれませんが、特に小さな書店や店舗で万引きされると、そのお店には思っている以上に損失になります。場合によってはお店が潰れてしまうこともあります。たかが万引きと言えどそのお店を閉店に追いやってしまった場合はどうなるでしょう?そのお店のオーナーさんの生活を奪うことになり、これは大げさでは無く「殺人」行為です。

目先の欲でやってしまう、友達がやっているから自分もばれないだろうなどという考えは絶対にしてはいけません。ここでご紹介している「やってはいけない副業」は全て犯罪行為です。一度でもこのようなことを行えば、あなたは「前科者」として扱われることになります。

あなた自身が一番わかっているはずです

なお、大手のリサイクルショップや古本屋では、万引きした漫画を持ちこまれたとしてもその時はばれませんが、最近では売る側も身分証の提示を求められることが多いです。売った時にばれなくても、後でばれてしまう可能性は高いです。犯罪はだれにばれなくてもご自身が一番わかっています。このようなことで報酬を得るのは絶対に辞めましょう。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする