ホーム > やってはいけない副業 > 【やっちゃダメ!な副業】日本で禁止されている動物をこっそり売ること

【やっちゃダメ!な副業】日本で禁止されている動物をこっそり売ること

ペットブームの影で

日本は現在空前のペットブームです。ペットと言ってもさまざまな動物がいます。犬・猫・うさぎ・鳥・魚などが一般的ですが、中には珍しい動物もいます。爬虫類やあまり日本では見られない動物たちです。確かに人の好みはそれぞれですが、「人が飼ってないものが飼いたい」というような趣向の方もおられます。もちろん法律に基づいて飼うのであればなんら問題はありません。

しかしながら、珍しいもの好きの方の中には、本来日本で飼ってはいけないような珍しい動物をぜひとも飼ってみたいという方もおられます。そのような方を狙って、珍しい動物や危険な動物をこっそり高額で販売する業者も残念ながらあるのです。

日本で飼ってはいけない動物

日本では、大きく分けて2つの法律のもとにペットの飼育を管理されています。まずひとつはワシントン条約です。ワシントン条約とは、絶滅の恐れがある種の野生生物を保護するための国際取引に関する条約です。日本では「種の保存法」という法律で私達の生活に関してもいくつか規制されています。当然ですが、動物の輸入輸出だけではなく、売買・譲渡に関する内容も規制されています。登録が許可されているのは動物園や水族館、もしくは研究施設のみとなっています。

2つ目は、『特定外来生物法』によって規制されている動物です。こちらは、日本に入ってくることで生態系に係る被害が出る恐れがある動植物に対して規制が行われています。これらの中には過去にペットとして飼われていた動物なども含まれています。過去にペットとして飼われていても、飼い主が無責任に野や池、川に放つことで、自然の生態系を壊している動物が問題となっています。いわゆる外来種の被害ですね。

飼ってはいけない動物の事例としては比較的大きな動物が挙げられますが、爬虫類特にまだ大人になるまえの動物に関してはこっそり海外から持ち帰って来る人もいます。もちろん法律違反ですが、そこをくぐりぬける人も確かに存在します。

こっそり輸入できるのか?

もちろん表向きには輸入は不可能です。しかし、100%完全に規制できるのかと言われれば残念ながら完璧な防御策はありません。ですので、さまざまなルートでこっそり輸入している業者もいます。もちろん見つかれば処分対象になります。

もし禁止されている動物をショップで見かけたら?

人目に付くような、例えばペットショップなどでこのように禁止動物が販売されていることはまずありません。ですが、インターネットでは規制しきれないこともあり、こっそり販売されている場合もあります。このようなショップを見かけても絶対に購入しないことが大切です。販売側はもちろん、購入者側も罰せられます。当然このような売買を副業として行っていることも法律違反ですので絶対にしてはいけません。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする