ホーム > やってはいけない副業 > 【やっちゃダメ!な副業】偽ブランドを販売・転売する行為

【やっちゃダメ!な副業】偽ブランドを販売・転売する行為

ブランド品の需要

ルイ・ヴィトンや、シャネル、エルメスなどの高級ブランドが発売しているバッグやスカーフ、洋服、靴などは女性たちの永遠の憧れです。もちろん男性にもとても人気がありますよね。これらが何故永遠の憧れなのか。それは、ひとつにはデザインが素晴らしいこと、そして何より高価であることが挙げられます。

では、なぜ高価なものに人気が集まるのでしょうか?その理由はさまざまです。高価なブランド品を買う為に一生懸命仕事を頑張って、自分へのご褒美にする。高価なものを持つことで自分のステイタスを上げるなどがあります。これらのブランド品は高価といってもケタ違いのものが多いです。例えばエルメスのバッグなどは数百万円を超えてしまうようなものも発売されています。キーホルダーだけでも数万円することも少なくありません。

ですので、欲しいと思ってもなかなか手が出せないのが現状です。しかし、この状況に目を付けたのが「偽ブランドを売る行為」を行う人々です。偽ブランド品を売るというのは、具体的にどういうことなのでしょうか?

偽ブランドとは?

偽ブランドとは、その名の通りそのブランド品の偽物です。買い手に対して、偽ブランド品ということを打ち明けて本物よりも安く売る場合と、偽物なのに、買い手に「本物です」と嘘をついて高額なまま売る行為(詐欺)の2種類が考えられます。偽物であることをわかっていて売る行為は海外では頻繁に行われています。

しかし、最近では偽物であっても大変精巧な作りになっており、本物と同じ生地を使っている商品もありますし、ほとんどの偽ブランド品は素人は偽物だと判別がつきません。プロに鑑定してもらって初めて偽物だったとわかることもあるほどです。偽ブランド品は売る方はもちろんですが知っていて購入すればそれも犯罪となります。

ついつい副業としてやってしまう!?

偽ブランド品を売買する行為を、本業もしくは副業として行っている方もいますが、一説では年収が3000万円近くにもなる闇副業であると言われています。ですので、最初はもしかしたら「ばれたらどうしよう」「こんなことは本当はしてはいけない」と思いながら行っていたとしても、儲けになるとついつい「みんなやっている」「ばれたらその時のことだ」と開き直って行う方も多いのです。しかし、当然これらの行為は犯罪です。確かに年収3000万円稼ぐとなると、かなり大変なことではありますが、もし見つかれば人生を棒に振ることになります。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする