ホーム > 命がけ!?副業 > 【命がけの副業】治験モニター

【命がけの副業】治験モニター

どんな仕事?

一風変わった副業で、新薬の開発などに貢献する「治験モニター」という職種があります。医薬品、健康食品、化粧品などの有効性と安全性を確認するため、自らの体でモニタリングするのが治験モニターの仕事です。これらの仕事はただ薬品を自分で試すだけですので、やり方は簡単で、非常に割の良い仕事です。

また、入院を伴う治験の場合はかなり高額な報酬が受け取れます。治験を行うための薬品は、動物実験を通過し、人体に影響が無いと判断されたものですので、安全は安全なのですが稀にアレルギー反応が出る場合があり、そういう意味ではかなり命がけの仕事になります。仕事を始める前に、検診を行って問題無いことがわかってから仕事に取りかかって頂くこともあります。

仕事の仕方

アルバイトや副業紹介サイトで「治験」「モニター」などのキーワードで検索すれば比較的容易に見つけることができます。また、病院や施設でも治験モニターを募集していることがありますので、訊ねてみると良いでしょう。ただし、治験モニターになるにはさまざまな条件があります。まずは、持病がないこと、健康であること、入院を伴う場合は(入院とは、治験により体調を崩すという意味ではなく、ある一定条件の中で体がどのように変化するか監視するための入院です)数日間拘束されますので、その条件に当てはまる方でないとできません。

相場はどれくらい?

治験の条件にもよりますが、簡単な治験でも2時間×3日程度の拘束で、7000円ほどの収入になります。入院を伴う大掛かりな治験の場合は、それ1回で20万円~30万円もの費用を稼げる場合もあります。その分拘束時間は長くなります。

仕事上の注意

治験モニターは、最悪の場合体調を崩すこともあります。もちろんそうならないために、さまざまな安全対策がなされていますが、それでも100%ではありません。好条件であるということはそれなりのリスクも伴うということです。治験モニターを行う前に、血液検査なども行う場合があります。治験モニターの場合は仕事を行う前にきちんと契約書に記載が義務付けられていますので、どのような契約条件なのかをしっかりと自分で見極められることが必要です。

どんな人に向いている?

健康に自信のあるかた、時間の拘束をいとわない方、短時間で稼ぎたいかたに向いている仕事です。報酬が出ますので、これも副業(アルバイト)になります。お勤めの会社で副業を禁止している場合はこの仕事はできません。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする