ホーム > 専門的な副業 > 【専門的な副業】こんな仕事もあるの!?ペットタクシーの仕事

【専門的な副業】こんな仕事もあるの!?ペットタクシーの仕事

どんな仕事?

現在、日本のペット人口は増える一方で、犬や猫を飼育している方は年々増えています。このような状況の中でペットを家族の一員であると考える方が増えて来ました。ペットを連れて一緒にでかけられる場所も増えましたし、動物病院の需要も年々増加しています。ですので、ペットを飼育している方はやはり車は必須です。

しかし、ペットを飼っている方誰もが車を運転できるわけでは無いですし、車を持っているというわけでもありません。このような方が急に車を必要とした時には、タクシーを利用すると良いのですがタクシーの運転手さんの中にはペットを乗せてくれない方もおられますし、大型犬などは盲導犬などの使役犬でないかぎりまず無理です。

そこで登場したのが「ペットタクシー業務」です。文字どおりペットのためのタクシーです。ペットを運ぶためのタクシーですので、利用者側も安心してペットを乗せることができますよね。

仕事の仕方

ペットタクシーの運転手さんの多くは、開業しています。ですので、既に開業しているところに雇ってもらうという方法もありますし、ご自身で開業するのも良いでしょう。ペットタクシーとして営業するには、4ナンバー(商用車)の軽自動車が必要です。その自動車で営業ナンバーの取得を行います。その他の、普通車や、軽自動車(乗用5ナンバー車)などは不可です。次に、国土交通省に書類を提出して、営業ナンバーの交付を受けます。商用の車が無い場合はかなり初期費用がかかりますが、これを本業にするほど儲かるわけではないので、やはり副業として注目されている仕事だと認識すると良いでしょう。

相場はどれくらい?

料金は、自分で設定することもできますが、一般のタクシーと違って時間を拘束されることが多いです。例えば行き先が動物病院の場合は診察が終わるまで待ってなければいけませんし、あまり長距離の利用も無いので一般のタクシーよりは割は悪いと言えますね。

仕事上の注意

この仕事はペットが好きでなければ続かない仕事です。儲けるというよりも、人助けしたい、ペットを飼っている人の力になりたいというボランティア精神が高い人が始める仕事です。車のメンテナンスや維持費もかかってしまいますし、地域的にあまり需要が無い場合はおススメできない副業です。

どんな人に向いている?

動物好きな方はもちろんですが、車の運転が得意、違反をしたことがない、コミュニケーション能力が高い方に向いている仕事です。ペットタクシーを利用する方は、楽しい気分の方ばかりではありません。特に病院に連れて行きたいというような依頼が一番多いのですがそのような方は不安を抱えていますので、少しでも安心してもらえるような言葉がけも重要なのです。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする