ホーム > 専門的な副業 > 【専門的な副業】優雅な副業!?楽器演奏の仕事

【専門的な副業】優雅な副業!?楽器演奏の仕事

どんな仕事?

副業もいろいろな副業があります。在宅でできるものもあれば、アルバイト形式のもの、そして自分の得意を売るタイプの副業です。いずれも副業ですので本業をベースに仕事をしていて、余暇で何かをした際に報酬を得ることを副業と呼んでいますが、副業には結構変わったものもあります。

今回ご紹介するのは、楽器演奏の仕事です。よく知られているのは、オーケストラ奏者の副業です。オーケストラで楽器を演奏している人々は、それだけでは食べて行くことはできません。ですので、生活の糧として本業の仕事をなさっていたり、本業が楽器演奏者であっても副業で楽器を教えるという仕事をしている方もいます。

どちらを本業とみなしているかは、その方によりますが、オーケストラ演奏は毎日毎日あるわけでは無いですし、そこで得られる報酬ではとても生活はできないです。しかし、楽器演奏が「副業」である場合は、ほとんどが好きで活動なさっている方々ばかりですので、報酬の額はあまり気にならないのかもしれませんね。

仕事の仕方

この仕事は、だいたいはオーディションで決まるようです。各オーケストラが定期的に募集している案件に応募し、そこで楽器を演奏して採用が決まります。一度そのオーケストラに所属すると、定期コンサートには出演できますし、肩書きに加えることも可能です。また、どなたかに師事している場合は、先生にオーケストラで演奏したいと相談してみてはいかがでしょうか?

相場はどれくらい?

オーケストラの報酬の相場は約250万円ほどが一般的のようです。これだけですと、なかなか生活ができないのが現状ですので、やはり他にも副業を行うか、オーケストラの仕事を副業とするのかになりますね。

仕事上の注意

このような副業の場合は、副業だと思わずに行っている方が多いようです。ですが、報酬として給与が発生する場合はどんな仕事でもどれだけ短い時間でも副業になります。ですので、会社が副業を禁止している、黙ってやっているというような場合はばれれば当然処分対象となります。人目に触れる機会が圧倒的に多いこの手の仕事は、会社に黙って副業するということはまず無理でしょう。

どんな人に向いている?

音楽が好きな人、報酬にこだわらない人、楽器演奏が生きがいな方に向いています。音楽活動は、ほとんどがそれでは食べて行くことはできませんので、本当に好きでなければ仕事はできません。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする