ホーム > 専門的な副業 > 【専門的な副業】カメラ初心者さんにカメラを教えよう!

【専門的な副業】カメラ初心者さんにカメラを教えよう!

どんな仕事?

最近では、アマチュアの方でも本格的な機材で写真を楽しんでいらっしゃいます。しかし、中にはカメラを買ったはいいが、買っただけで満足してしまった、買ったけど使い方がわからないので押し入れにしまったままだという方も少なくありません。このような方を対象に、カメラレッスンなさってはどうでしょうか?それが副業になりますよ。

どんなカリキュラムでレッスンするかは、あなた次第。また教える側がプロのカメラマンである必要はありません。そもそも、プロカメラマンという資格はなく、プロカメラマンは厳密に言えば自称なのです。もちろん、さまざまなコンテストに通ったり、実際にプロカメラマンとして仕事をして報酬を得ている方もいて、そういう方はもちろんプロだと言えます。

カメラを初心者さんに教えるには、特にプロであることはありませんので、ぜひあなたのもっている知識を教える仕事をしてみませんか?

仕事の仕方

この仕事は、個人事業主として仕事をする形式が一般的です。資格を取得した場合は取得先で講座の仕方や、集客方法も教えてもらえるので、資格を取るのも方法ですが独学で知識を習得した場合は、集客もすべていちから始めなければなりません。

今は、SNSを通じて施術に通いたいという連絡があることが多いので、ぜひネットワークを活用されてください。インスタグラムをビジネスに有効活用している方もたくさんおられますよ。

相場はどれくらい?

カメラのレッスンは、1dayレッスン形式が多いです。また、土日の昼間など撮影に適した時間帯で行われるのが一般的で、レッスン場所は屋外が多いようです。ですので、場所代などはほとんど不要です。レッスン費用は1回だいたい5000円前後が相場です。

仕事上の注意

この仕事の注意点は、知識を売るということを自覚することです。また独自の知識を教えなければいけません。他人が確立した技術などを人に教える場合は著作権侵害になる可能性もありますので、注意が必要です。また、短時間なので会社にばれないと思っている方もおられるかもしれませんが、そんなことはありません。会社が副業を禁止している場合は十分にばれて処分になる可能性がありますので注意してください。

どんな人に向いている?

カメラや写真が好きなのは必須ですが、人に教えるには他人にわかりやすく教えることが必要です。人とコミュニケーションをとるのが得意な方、人とのかかわりあいを大切にしたい方に向いている仕事です。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする