ホーム > 専門的な副業 > 【専門的な副業】Webライターの仕事が今注目!

【専門的な副業】Webライターの仕事が今注目!

どんな仕事?

この仕事は、ライター(執筆)の仕事です。中でもWebライターと呼ばれる分野の仕事になります。つまり、インターネット上で表示される文章を作って行く仕事のことで、一般的なイメージの「記者」とは違います。Webライターは与えられたテーマに沿って決まっている文字数分の文章を作って行きます。テーマはさまざまで、芸能・ゴシップ記事から、生活便利記事、育児、仕事、ライフスタイル、マネー、占いなど実にさまざまな分野があります。

Webライターになるのに特に資格は必要ありませんが、Webライター資格という民間の資格があります。持っていても損はないので、受けて見るのも良いでしょう。この仕事を行うには、パソコンとネットワーク環境が必ず必要になります。スマートフォンやタブレットではなかなか効率が悪いので、パソコンをお持ちでない方は採用は難しいと思います。

ライターと言っても、提供するのは作文です。またWeb上では多くの方がいろいろなテーマで検索して情報を探します。このような方たちにできるだけ丁寧にわかりやすく、興味を持ってもらう為の文章を作るのがWebライターのお仕事です。

仕事の仕方

この仕事は、主にクラウドソーシングで募集があります。いろいろなクラウドソーシング会社がありますので、いくつかに登録しておくと良いでしょう。仕事に結びつくにはある程度の執筆経験が必要ですので、まずは初心者向けの仕事にどんどん応募して実績を積んでいくのが良いですね。ご自身の得意分野で執筆することが可能ですので、どの分野が得意なのかを自分で把握しておくことが重要です。

相場はどれくらい?

この仕事の相場は、1文字0.5円~1円が相場です。ただし、特別な資格を持っていたり、プロのワーカーとして認められれば1文字2円など単価もあがります。月収としては副業で行う場合は月5万円ほどが多いですが、本業とされている方では年収1500万円ほど稼いでいる方もおられるほど、注目されている仕事です。

仕事上の注意

良い意味でも悪い意味でも、ご自身の文章がお金になるわけです。この文章作成においても、各会社によって細かく決まりが決められています。文字数やテーマはもちろんですが、語尾を~です、~ますにしなければならない、~かもしれませんは使わないなど、マニュアルが決められています。ですので、最初は自由に文章が書けないジレンマがあるかもしれませんが、慣れてくると効率よくできるので根気よくチャレンジしてみてください。

どんな人に向いている?

作文が好きな人、本を読むのが好きな人、なんにでも興味があり世の中の情勢をよく把握している方に向いている仕事です。自分でペースを決めて仕事をすることもできますし、在宅で仕事ができますので副業にはぴったりの仕事です。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする